葬儀の費用や準備することについて

葬儀の費用といっても、一概にいくらであるということは言えません。まず、葬儀にかかる費用について説明します。

①葬儀代

葬儀そのものにかかる費用です。セレモニーホールなどの会場利用料をはじめ、祭壇や、棺、遺影などにかかる費用や、司会や、セレモニースタッフの人件費であったり、寝台車や霊柩車にかかる費用などがあります。

つまりお通夜、葬儀、告別式を執り行うのにかかる費用になります。

②接待費用

通夜振る舞いや、お清め、お斎などの、葬儀、告別式にかかる飲食費であったり、香典返しにかかる費用のことです。

これは、弔問する人の数により、費用は変動しますので、弔問数が多いほど、金額は上がっていきます。

③宗教者へのお礼

これはお通夜、葬儀、告別式でお経をあげてもらったり、戒名授与のお布施であったりお車代などがあります。このお礼は、喪主が直接手渡しすることになります。以上の3つが主な費用となります。

葬儀の形式などによって金額も大きくかわってきますので、葬儀の形式別に平均の金額を紹介していきますと、まず、一般葬と呼ばれる葬儀の場合の全国平均としては、約145万円程になります。

次に家族葬の場合は、約91万円程になります。次に、一日葬の場合は役64万円程になります。

次に、葬儀で急いで準備しなければならないことについて説明します。

①ご遺体の安置場所を決める

多くの方が、病院のベットで最期の時を迎えます。そして、病院での死後措置が終わりますと、ご遺体を、お通夜や葬儀の日まで、どこに安置しておくのかを決めなければなりません。

ご自宅に安置されるのが故人とのお別れもゆっくりできますし、故人にとっても自宅に帰ってきたという事で良いとされています。斎場や葬儀社の霊安室に安置するという方もいます。

②葬儀社を決める

葬儀の形やスタイルによって、選択肢は変わってきますが、こちらもはやく決めなければなりません。自宅から比較的近いところや、交通の便がよいところなどが良いです。

そのほかにも、故人の信仰であったり、家の宗教などは確かめておく必要があります。

コメントは受け付けていません。