薬局で買える女性用発毛剤!リアップ リジェンヌの効果や価格

薄毛にお悩みの女性のみなさん。発毛剤を使えばその髪、元通りになるかもしれません。発毛剤とは「毛を生やすお薬」のこと。薬であるため発毛効果は確実に存在します。

「でも発毛剤って女性は使えないんじゃないの?」
「薬局で気軽に買える発毛剤ってある?」

気になりますよね。そこで当記事では、女性向けの発毛剤、そして頭皮ケアの方法などについてお話ししたいと思います。

ドラッグストアで買える!?女性向け発毛剤

リアップ リジェンヌは、あの有名な発毛剤「リアップ」の女性向けバージョンです。

ミノキシジルという有効成分を配合し、頭皮の細胞の増殖やタンパク質の合成を促します。価格は税込5,658円(約1ヶ月分)です。

薬局で買うことができる女性向け発毛剤は、今の所この商品だけです。他にも色々とスカルプケア商品が並んでいるかもしれませんが、それらは発毛剤ではなく育毛剤で、発毛効果は御座いませんのでご注意ください。

どんな薄毛に効くの?

薄毛にもいくつかの種類があります。リアップ リジェンヌはどのようなタイプの薄毛に効くのかというと、「壮年性脱毛症」です。これは男性ホルモンが原因の薄毛で、女性の場合、頭頂部が少しずつ薄くなっていきます。

女性は本来、女性ホルモンを多く有するため、男性ホルモンによる薄毛は男性に比べれば発症しにくいのですが、加齢等によって女性ホルモンが減少したり、バランスが乱れたりすると、男性ホルモンが優勢となる場合があり、それが原因で毛が薄くなってしまうわけですね。

男性ホルモンは5α還元酵素の働きにより「ジヒドロテストステロン」という脱毛物質に変換され、これによりヘアサイクルが乱れて、毛が大きく育つ前に抜けてしまうようになるのです。

それに直接作用して発毛を促すのがリアップ リジェンヌ。弱々しく小さくなってしまった毛包を大きく成長させることで、半ば強制的に髪の毛を生やし、育てます。

ヘアサイクルの乱れを整えるというより、薄毛病に罹ってしまった髪の毛を活性化させて、ぐんぐんと成長させていくのがリアップなんですね。

ただし、リアップ リジェンヌが効くのはあくまで「壮年性脱毛症」のみ。たとえば過度のストレスによる薄毛や、髪を引っ張る髪型を続けたことによる外傷性の薄毛などには効果を発揮しません。

自分では判断がつかないという方は、一度薄毛治療クリニックを受診されることをおすすめいたします。

副作用は?

リアップ リジェンヌは医薬品ですから、副作用が発生する危険性もあります。頭皮のかゆみや湿疹、かぶれ、フケ、頭痛などです。詳しくは、こちらのページでご確認ください。

薄毛の予防にはおすすめできない

上述のように、リアップ リジェンヌは薬ですから、副作用の発生する危険性があります。したがって、今現在薄毛でない女性が、将来毛が薄くなるのを防ぐために本商品を使用することは、おすすめできません。副作用が発生した場合、今よりも頭皮の状態が悪化してしまう危険性があります。

薄毛を予防する目的で使用するのなら、副作用の心配のない育毛剤がおすすめです。特に頭皮に栄養や潤いを与えるタイプの育毛剤が良いでしょう。

それを使用するのに加え、毎日お風呂上がりにはドライヤーを当てる、強く引っ張らないようにする、適度な運動とストレス発散、そして栄養バランスの良い食事を心掛ける、喫煙者なら煙草をやめる。

こうしていれば将来禿げてしまう可能性を少しは下げることができるでしょう。

まとめ

以上、女性向け発毛剤リアップ リジェンヌについてご紹介いたしました。

薬局で買える唯一の発毛剤です。価格は5,658円と、医薬品でない育毛剤と同じか、むしろ安いくらいです。

薄毛は進行しすぎると発毛剤でも治らなくなる可能性がありますので、対策をするなら早めのほうがよいでしょう。ただし薄毛予防のために発毛剤を使用するのはやめてくださいね

コメントは受け付けていません。